診療項目

DSC00125.jpg
マッサージ​/鍼
どのワンちゃんも、特定の疾患がなくとも、姿勢や 歩き方のクセがあります。負重をかけている足に  よって筋肉の硬さも痛みも違います。
​筋膜アプローチを中心としたマッサージと、鍼治療を行います。マッサージや鍼だけでは柔軟性を取り戻すことができません。お食事や環境を見直すことも合わせて行います。
DSC01639のコピー.jpg
カウンセリング
ワンちゃんにとって、飼い主さんの理解が何よりも必要としていることです。飼い主さんの視る​目を 養う作業と、お食事や環境の見直しを行うことで、ワンちゃんの心の余裕を取り戻します。

・甲状腺機能低下症、僧帽弁閉鎖不全症、認知症、癌疾患、腎疾患、慢性的な緊張状態、などは、身体が

硬くなりやすいです。びっこになりやすい、背中が丸くなる、散歩を嫌がるなどの症状があるワンちゃんは、

マッサージと鍼の他に、食事、サプリメント 、お散歩など、様々な工夫をすることで、身体の全体状態が上がります。

DSC00145.jpg
DSC06917.jpg
都南生協2.jpg